読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話題の情報チェック!

話題の情報をまとめて紹介します。

栄養価に優れたケールをまるごと食べれるケール鍋!ケールのココがスゴい!

季節の料理

野菜を効率よく食べれる方法が「鍋」

 

色んな具材を入れることで 野菜、肉、

魚などバランスよく食べれますね!

 

今年の冬のトレンド鍋は草鍋ということで

ケール鍋が人気のようです。

 

ちなみに、

 

ケール鍋がめざましテレビで紹介されました!

⇒めざましテレビ 草鍋特集はこちら!

 

 

ケールというと 青汁とイメージして

苦くてまずいと思われがちですが、

ケールは葉野菜の女王と言われるほど

優れた栄養が含まれています!

 

ケールに含まれる栄養分を簡単に紹介します。

 

<カルシウム>

 

ケールには100g中220mgもカルシウムが含まれており、

その数は牛乳の2倍で、野菜の中ではトップクラス。

 

このカルシウムは歯と骨を丈夫にする効果があり、

また精神安定剤としての働きを担っているので

神経のいらだちを抑え、精神を安定させる働きがあります。

 

 

<β-カロテン>

 

ケールはβ-カロテンが100g中2900μgも含まれ、

その数はキャベツの51倍ともいわれています。

 

β-カロテンは体内でビタミンAに変換され、

ビタミンAは美肌効果ガンを予防および抑制する効果が期待されます。

 

 

食物繊維

 

ケールには、食物繊維が豊富に含まれており、

焼き芋の1.3倍も含んでいます。

 

食物繊維には腸の働きを整え、

便通をよくする働きやコレステロールの排出、

急激な血糖値の上昇を防ぐ働きなどがあります。

 

 

メラトニン

 

ケールには自然な睡眠を導いてくれる

成分であるメラトニンを含んでいます。

 

メラトニンは神経ホルモンの一種で、

体内時計を正常に保ち、不眠症の改善にも

効果が期待されています。

 

 

<ビタミンC>

 

ビタミンCはみかんの2.6倍も含んでいます。

 

ビタミンCは美肌効果や免疫力アップ、

さらにストレスをやわらげる効果、

老化を防ぎ皮膚や粘膜を丈夫にする効果が期待できます。

 

 

ルテイン

 

酸化防止や目を保護する働きがあるルテインを含んでいます。

 

ルテインは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種。

 

紫外線やブルーライトなどの 有害な光から

目を守る効果があると言われています。

 

ここに紹介した各栄養素含有量は

五訂食品成分表による数値を参考にしました。

 

 

ざっと、

 

簡単に紹介しただけでも これだけの

栄養素がケールに含まれています。

 

これらの栄養素を一度にとれるのも ケールの特徴で、

青汁に抵抗がある人は ケール鍋にして食べれると美味しく食べれますね!